トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ
    

2017年2月22日

早春の風に

春一番、二番の風が吹いて少し暖かくなったかと思うと、今日は頬を刺す風だった。
しかし畑には知らないうちに確実に春が来ている。
今年はジャガイモはリクエストに答えてメイクイーンを多めに、大粒のブルーベリーをとるため剪定し酸性の堆肥を施そう、カボチャはどこに植えようか、それもミニカボチャとしよう、グラジオラスは紫色を増やそう、等々畑の年間計画(グランドデザイン)を立てている。
収穫も楽しいが、計画も楽しいことだ。
これからだんだん畑作業が忙しくなる。


「 見よ、神は山々を造り
 風を創造し
 その計画を人に告げ
 暗闇を変えて曙とし
 地の聖なる高台を踏み越えられる。
 その御名は万軍の神なる主。」
                       アモス書4章13節


菜の花-1.jpg

菜の花のつぼみも膨らんでいる


そら豆.jpg

ビニールをとるとそら豆ももうこんなに花が咲いていた


クロッカス-1.jpg

道路脇のいつものところに咲いているクロッカス

最近のコメント

オススメ書籍

沈黙の春
レイチェル・カーソン著

 「自然は沈黙した。薄気味悪い。鳥たちはどこへ行ってしまったのか。みんな不思議に思い、不吉な予感におびえた。裏庭のえさ箱は、空っぽだ。ああ鳥がいた、と思っても、死にかけていた。ぶるぶる体を震わせ、飛ぶこともできなかった。春がきたが、沈黙の春だった。」 本文P12より 私たちの住む地球がこの数十年で化学薬品により汚染され、本来あった春がもうなくなろうとしている。 1962年に出版された自然破壊の警告書  
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Inc. Some rights reserved.