トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ
    

2019年7月 8日

朝の日課

年をとったせいか、朝は4時半〜5時ごろには目が覚める。
朝は毎日散歩に出るのだが、今朝は夏としては、特別涼しすぎるほどにとても気持ちが良い朝だった。
約4000歩ほど歩き、最後に畑によって、トマト柵のところに放射線測定器をかけて(地上1メートル位)放射線量を測定した。今日の測定値は0.07(μSv/h)マイクロシーベルト/時だった。通常は0.05〜0.10の範囲内、たまに0.15などあるが瞬間的な最高値なので許容範囲内でしょう。(一般公衆の限度として年間1ミリシーベルトとすると概ね平均0.10マイクロシーベルト/時以下となる)
基本的に無農薬、有機栽培で野菜を育てているので、さらに安全のために放射線量も測定しています。(原子力発電所に何か事故があれば数値が変動する)
特にアレルギーのある人や、健康志向の強い人には出来るだけ危険を排除した物が要求されるので。
と言うわけで、いつも美味しく、安全な野菜作りを心がけて畑に出ています。
少しでも長く続けられるといいなと思っています。


「だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である。」
マタイによる福音書 7章12節


5A8670DD-36F4-4D1A-8B88-F8BFED2A52D0.jpeg

家庭用放射線量計測機器(エステー・エアーカウンターS)


B00A4B3F-7AB2-47A1-BEF5-F2907C93E0D0.jpeg

最近のコメント

オススメ書籍

沈黙の春
レイチェル・カーソン著

 「自然は沈黙した。薄気味悪い。鳥たちはどこへ行ってしまったのか。みんな不思議に思い、不吉な予感におびえた。裏庭のえさ箱は、空っぽだ。ああ鳥がいた、と思っても、死にかけていた。ぶるぶる体を震わせ、飛ぶこともできなかった。春がきたが、沈黙の春だった。」 本文P12より 私たちの住む地球がこの数十年で化学薬品により汚染され、本来あった春がもうなくなろうとしている。 1962年に出版された自然破壊の警告書  
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Inc. Some rights reserved.