トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ
    

2017年6月13日

朝の散歩道で

朝の散歩は、新しい空気を吸い一日の活力を得る時です。
最近は5時半ごろに家を出て近所や田んぼの脇を歩くのだが、何人かの常連と出会いいつも挨拶を交わしたりします。挨拶をしない人もいます。
雨が降ってなくても黒い傘をさしてマスクをしている二人連れの婦人、
御主人が先へ先へと行って後から一生懸命にこにこしながら追いかける奥さん、カラスに餌を与えて手なづけてハシブトガラスやハシホソガラスの違いを教えてくれるおじさん等。
そして犬を散歩させているおじさんの顔を見たら犬と同じ顔だったのでまた犬の顔を見てしまった。

いよいよ関東地方も梅雨入りした。
朝の散歩道にアジサイがたくさん咲いている。
数日前から咲いていたが、この花はやはり梅雨時になった今本来の 美しさが一段と感じられる。色も多くあるが、花の形も多いのに驚く。
アジサイもいろいろだが人もいろいろ、それで良いのでしょう。


「わたしたちは神の作品であって、良い行いをするように、キリスト・イエスにあって造られたのである。神は、わたしたちが、良い行いをして日を過ごすようにと、あらかじめ備えて下さったのである。」
‭‭エペソ人への手紙‬ ‭2章10‬ ‭節

18801A57-E99D-45A8-8C59-DC4BC20124FC.jpg


D34E99F5-D4F6-45E4-8CA5-9FC7A37AB000.jpg


28D459C3-3EFF-4286-842E-CEC63F47B5AC.jpg


CED11288-E5A4-4AB3-8D20-E9B142311588.jpg


44FBCFFF-573A-4620-84AE-359AD3F025C8.jpg

最近のコメント

オススメ書籍

沈黙の春
レイチェル・カーソン著

 「自然は沈黙した。薄気味悪い。鳥たちはどこへ行ってしまったのか。みんな不思議に思い、不吉な予感におびえた。裏庭のえさ箱は、空っぽだ。ああ鳥がいた、と思っても、死にかけていた。ぶるぶる体を震わせ、飛ぶこともできなかった。春がきたが、沈黙の春だった。」 本文P12より 私たちの住む地球がこの数十年で化学薬品により汚染され、本来あった春がもうなくなろうとしている。 1962年に出版された自然破壊の警告書  
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Inc. Some rights reserved.