トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ
    

2019年2月19日

息子たちへ

昨年はいろいろ人生の困難に遭遇した年でした。
長い人生には本当に難しい問題にあうときがあります。
時が経つにつれ、今は少しは心が癒されただろうか?

万座で夜の星空を見ていた時、愛する君たちのこれからの人生はどうなるのかと、思いを巡らした。結論としては、これらの困難を足台にして、いつも焦らず、真理を求めて真面目に生きることが大切。
次の言葉を味わってください。


「あなたがたの中で善い業を始められた方が、キリスト・イエスの日までに、その業を成し遂げてくださると、わたしは確信しています。」
ピリピ人への手紙1章6節

「わたしはこう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、本当に重要なことを見分けられるように。」
ピリピ人への手紙 1章9、10節

「何事も、不平や理屈を言わずに行いなさい。そうすれば、とがめられるところのない清い者となり、よこしまな曲がった時代の中で、非のうちどころのない神の子として、世にあって星のように輝き、命の言葉をしっかり保つでしょう。」 ピリピリ人への手紙2章14〜16節


DF277203-2B9C-4272-BEC2-D4F3DBB9985F.jpeg

標高1800mの万座温泉日進館の極楽湯の横から
空にオリオン星座、眼下に温泉宿

最近のコメント

オススメ書籍

沈黙の春
レイチェル・カーソン著

 「自然は沈黙した。薄気味悪い。鳥たちはどこへ行ってしまったのか。みんな不思議に思い、不吉な予感におびえた。裏庭のえさ箱は、空っぽだ。ああ鳥がいた、と思っても、死にかけていた。ぶるぶる体を震わせ、飛ぶこともできなかった。春がきたが、沈黙の春だった。」 本文P12より 私たちの住む地球がこの数十年で化学薬品により汚染され、本来あった春がもうなくなろうとしている。 1962年に出版された自然破壊の警告書  
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Inc. Some rights reserved.