トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ
    

2021年1月14日

今出来る事を

正月から、あっという間に2週間がすぎた。
昨日、ニューヨークで仕事をしている友人から遅いクリスマスカードを受け取った。
実は以前彼女から、ニューヨークのコロナ感染拡大がひどく、頻繁に救急車がサイレンを鳴らして通るの。自分もコロナになるのではないかと心配で夜も眠れないことがあるので祈ってほしいと手紙をもらった。
そんなわけだが、クリスマスにも正月にも音沙汰なかったので少し心配していた。
クリスマスカードを昨年投函したようだが、何かの事情で時間がかかって昨日我が家に着いたようです。
兎も角、結論としてこのような異常事態(町がロックダウン)なので「今出来る事をしていく」とのこと。元気そうで一安心した。
この様なとき、ある人は生きていくための仕事探しで焦りを感じ、またる人は活動できずフラストレーションを抱えたりですが、私も年金生活で極端に生活に困るほどでないので、何かするべきことが有るのではないかと自問するときがある。
しかし、緊急事態宣言が再度出されたので、私たちも今までと同じように自粛巣ごもり生活です。彼女の言うように、私もこの時に「今出来る事」として以前購入したが今まで読めなかった本を読みはじめている。


「何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、
 求めているものを神に打ち明けなさい。」ピリピ人への手紙4章6節


DSC05651.JPG

霜降りのイチゴ苗


DSC05653.JPG

朝日に大山が赤く染まっている、寒い朝

最近のコメント

オススメ書籍

沈黙の春
レイチェル・カーソン著

 「自然は沈黙した。薄気味悪い。鳥たちはどこへ行ってしまったのか。みんな不思議に思い、不吉な予感におびえた。裏庭のえさ箱は、空っぽだ。ああ鳥がいた、と思っても、死にかけていた。ぶるぶる体を震わせ、飛ぶこともできなかった。春がきたが、沈黙の春だった。」 本文P12より 私たちの住む地球がこの数十年で化学薬品により汚染され、本来あった春がもうなくなろうとしている。 1962年に出版された自然破壊の警告書  
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Inc. Some rights reserved.