トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ
    

2018年9月13日

キョウヨウがあることは良いこと

若い時は今日はこれをしよう、あれをしようと思って1日のスタートが充実していた。しかし退職し、高齢になると「さて、今日は何をしようか?」と、だんだんと日常生活ですることがなく、 ともすると誰とも話さない1日があるという。ある友達は、病院に行く予約が入っている事さえ楽しみになっているという。
私の場合、畑仕事があるので幸いにそのようなことがなく感謝です。
畑仕事、野菜作りは結構計画性や実行が必要です。
先日は白菜のタネを蒔いたのだが、それには1ヶ月前から畝に石灰をまき、そして肥料をすき込み、タネを蒔いたら虫除けネットを張るという作業があるのです。
前日寝る前から明日はどのようにタネを撒こうかと期待しながらベッドに入った。予定していた日に雨が降って出来なかったので、翌日晴れるのを願って待ったのです。待つのも楽しみです。
朝日新聞の生活欄に、樹木希林の娘さん(内田也哉子)が母からは「自分の人生として、何か喜びを持って向き合えるものを探していったたほうがいいよ」と言われた。仕事に限らず、編み物でもなんでもいいとありました。
私にとってキョウヨウ(畑仕事)があるというのはとても良い事です。


「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」
マタイよる福音書9章37節


2018海老名中新田かかし祭り開催中、9月24日正午まで

D171D2FD-5834-4E3A-A4B4-78BE8537A587.jpeg

37C2A0DF-EFA3-4F2A-92AC-BB6AE34A7C1D.jpeg

環境に優しいカカシですか


9FD11022-EA0D-4BED-A8A2-11CBD7A139E9.jpeg

もうすぐ稲刈りが始まります、そして一気にクリスマスに向かいます

最近のコメント

オススメ書籍

沈黙の春
レイチェル・カーソン著

 「自然は沈黙した。薄気味悪い。鳥たちはどこへ行ってしまったのか。みんな不思議に思い、不吉な予感におびえた。裏庭のえさ箱は、空っぽだ。ああ鳥がいた、と思っても、死にかけていた。ぶるぶる体を震わせ、飛ぶこともできなかった。春がきたが、沈黙の春だった。」 本文P12より 私たちの住む地球がこの数十年で化学薬品により汚染され、本来あった春がもうなくなろうとしている。 1962年に出版された自然破壊の警告書  
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Inc. Some rights reserved.