トップ          日記          ハウスチャーチ          バイブルとビジネス          プロフィール          お問い合わせ
    

2018年12月11日

クリスマスを飾ろう

昔まだ独身で、クリスチャンでもなかった時、有楽町交差点のソニーショールームの建設工事を担当していた。工事現場は交通量の多いところで、大型機械を建物に搬入するのに、日中は大型重機を使えないので深夜に工事が行われた。
ところが深夜にもかかわらず、クリスマス間近のためか多くの人が街に繰り出し賑やかでした。向かいの不二家レストランなどは大賑わいだった。クリスマスのためにみんな陽気に楽しんでいた。クリスチャンでもないのに何故そんなにクリスマス(イエスの誕生)が嬉しいのかわからなかった。しかしクリスマスがなかったら銀座も真っ暗だと思うと寂しいとも思った。

今、自分がクリスチャンになてからは、心からイエスの誕生を祝う、楽しい気持ちであふれている。これほど一人の人(神)の誕生を待つ喜びはありません。
そして今家の中でクリスマスの飾りをするのが嬉しい。
メリークリスマス!


「マリヤは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」
マタイによる福音書1章21節

D8891CE9-F179-470B-A667-312079597271.jpeg

ポインセチア、クリスマスの代表的な花


7BF220C7-2E44-4A38-A33D-30A1D546C0E3.jpeg

サンタクロースもいるよ

最近のコメント

オススメ書籍

沈黙の春
レイチェル・カーソン著

 「自然は沈黙した。薄気味悪い。鳥たちはどこへ行ってしまったのか。みんな不思議に思い、不吉な予感におびえた。裏庭のえさ箱は、空っぽだ。ああ鳥がいた、と思っても、死にかけていた。ぶるぶる体を震わせ、飛ぶこともできなかった。春がきたが、沈黙の春だった。」 本文P12より 私たちの住む地球がこの数十年で化学薬品により汚染され、本来あった春がもうなくなろうとしている。 1962年に出版された自然破壊の警告書  
009-002.gif
記事下のコメントをクリックしてご意見、ご感想をどうぞ。

rss.gif
[RSSとは]

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 5.2.3
Copyright (C) 2006 by Bible Ministry Inc. Some rights reserved.